1. HOME
  2. ブログ
  3. 6月30日といえば「水無月」 

6月30日といえば「水無月」 

京都では1年のちょうど折り返しにあたる6月30日に、この半年の罪や穢れを祓い 残り半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます
この「夏越祓」に用いられるのが「水無月」です
水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています
京都の人々が、厄をのがれ、夏を迎えようとする気持ちを込めて食してきたものです
亀屋廣清では北海道小豆をじっくりと4日間 手間暇かけて炊き上げてたっぷりと水無月にのせてます

水無月

また、誠に勝手ながら7月1日(日)は臨時休業させていただきます
3日の火曜日は振替営業いたします
どうぞ、よろしくお願い申し上げます

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

検索

オンラインショップ

NIPPON SELECT

LINE@公式アカウント

お友達登録で、うれしい情報をLINEでお届します

スマートフォンのかたはこちらから

友だち追加数
line友達tuika